カルチャー体験ってどんなものがあるの?

沖縄の守り神「シーサー」を手作りしてみよう!

人気の国内旅行地である沖縄県。日本で最も西に位置するこの島は、古くから琉球王国として栄え独自の文化を発展させてきました。そんな沖縄では、沖縄でしか楽しむことが出来ないさまざまなカルチャー体験が用意されています。その中でも人気があるのが、沖縄県に伝わる幻の獣「シーサー」作り体験です。シーサーは魔除け効果があるとされ、沖縄では住宅の屋根に設置されたり、人通りの多い観光名所に置かれたりしています。沖縄旅行のお土産としてもシーサーは定番ですよね。そんなシーサーを沖縄産の上質な粘土を使用して作成する「シーサー作り体験」が旅行客に大人気。子どもから大人まで誰でも楽しめるこのカルチャー体験は、沖縄に訪れた際にはぜひ体験して欲しいアクティビティとなっています。

沖縄伝統の楽器、三線に触れるカルチャー体験

沖縄の観光地を歩いていると聞こえてくる、情緒あふれる三線の音色。三線は中国の弦楽器「三弦」を真似して作成された沖縄独自の弦楽器です。沖縄と言えば三線を想像するという人も多いのではないでしょうか。今、そんな沖縄を代表する伝統工芸品である三線を自作するカルチャー体験が注目を集めています。手慣れた職人の元で、用意された作成キットを使ってオリジナルの三線を作る体験は、沖縄文化に触れることが出来る人気のアクティビティ。所要時間はかかりますが、その分、完成したときの感動も一際です。また、工房によっては作成した三線を奏でられるようにレクチャーしてくれるところもあるようです。本島だけではなく、石垣島などの周辺諸島でも三線作り体験は行われているようなので、ぜひチェックしてみてくださいね!

久米島のツアーに参加し、体験できる美しい景色ひとつは、晴天時の青く透き通った海。空と海の境目が見分けがつかないほどの海の透明度は、目を見張るものがあります。