やっぱり夏はアイスクリーム?おすすめのグルメをご紹介

夏の沖縄にふさわしい南国の果実がたっぷりの逸品!

夏の沖縄にはパイナップルやマンゴーなど、南国にふさわしい果物スイーツが沢山あります。例えば、マンゴージュースなどはその1つ。完熟したマンゴーをジュース状にしただけでなく、ブロック状になったマンゴーの果実もたっぷりトッピングした、食べごたえ抜群のマンゴージュースを出すお店もあります。もう1つ紹介したい果物スイーツは、アセロラたっぷりのかき氷。沖縄はアセロラ栽培も盛んであり、現地で収穫されたアセロラをそのままシロップに使用した、アセロラのかき氷も人気があります。アセロラの爽やかな酸味とさっぱりした甘さのバランスが、絶妙な逸品です。さらにコンデンスミルクをかけることで、濃厚でマイルドな味わいのアセロラかき氷も楽しめます。

夏の沖縄の定番グルメといえば、やっぱり冷麺!

夏の定番グルメといえば、冷やし中華が有名ですよね。実は沖縄にも、夏に定番の冷麺があります。その沖縄の冷麺で注目したいのが、そこにトッピングされている具材。海ぶどうや長命草をはじめ、ハンダマや丸オクラ、やんばる蒸し鷄やキムチなど、沖縄ならではの具材をふんだんに使用している点が、この冷麺の特徴です。また麺についても、オーソドックスな中華麺から、沖縄そば風の太麺まで、お店ごとに様々な特色があります。ただしどのお店であっても、しっかりとコシのある麺を使用しているのは共通。そして、さっぱりとしたお酢ベースのタレをかけるのが、オーソドックスな食べ方です。あえてタレは後回しにして、初めは具材だけを味わうといった、繊細な味の変化を楽しむ食べ方もあります。

与論島には、昔の民家や民具をそのまま残す資料館があります。与論島の旅行を通して、自然の恵みに感謝の気持ちを抱き続ける島の暮らしを体験してみましょう。